ダイエットというと、辛い食事制限や運動などを行わないといけないと思っている人も多いかもしれませんが、実はチョコレートでダイエットすることができます。

チョコレートなんてダイエット中は食べてはいけないと思っている人もいると思いますが、実は、チョコレートに含まれているカカオポリフェノールには、満腹中枢を刺激して食欲を抑制したり、血中脂肪を分解する効果があるため、むくみや冷えを解消し、体に脂肪がつきにくく痩せやすい体質へと変えていくことができます。

特に、糖分の少ない高カカオチョコレートは、ポリフェノールだけではなく、テオブロミン、食物繊維、ビタミン、タンパク質、ミネラル、脂質、炭水化物などの成分が豊富に含まれていますから、食前に食べることで食欲を抑制し、食べ過ぎを防ぐことができます。

ダイエットで食事制限をする人も多いと思いますが、食べたいものを食べられないストレスから、夜中につい食べてしまうという失敗をした人もいるかもしれません。

人はお腹がすくと血糖値が下がってお腹がすいたという信号を脳に送っていますが、食事制限をして血糖値を極端に下げてしまうと、頭の中は食べ物のことでいっぱいになってしまい、痩せたくても痩せにくい状態を作り出してしまいます。

チョコレートを食べることで、血糖値は急激に上昇して、脳の満腹中枢を刺激して食欲を抑えるため、食事量を抑えることにつながります。

最近は、野菜から食べて血糖値の上昇を抑える食事法が推奨されています。

これは、血糖値の上昇を抑えることで、脂肪ができにくくなりダイエットにつながるという考え方ですが、ここで重要なことは、チョコレートは食事中や食後に食べるのではなく、食事の20分前に食べることが重要だということです。

食事の前にチョコレートを食べることで、早めに満腹中枢を刺激し、食事の摂取量を抑えることができますから、高カカオチョコレートダイエットでは、食べるタイミングが大切です。