糖質以外なら何でも食べれるので、空腹を感じなくて済む糖質オフダイエットが今話題です。

でも私の場合、大好きなご飯やパン、うどんやパスタなどの麺類を口にできないのは精神的に辛く、すぐに断念してしまいました。

そこで自分の性格にも合う「ゆるめの糖質オフ」ダイエットを始めることにしたのです。

基本のルールとして献立の見た目が野菜3、たんぱく質2、炭水化物1という割り合いにします。

すると栄養バランスが整い、血糖値が上がりにくいのでドカ食いを防ぐという効果があります。

少量ではありますが、炭水化物を食べることが出来るのでストレスを感じにくく満足感があります。

一般的によく耳にすることですが、食べる順番にも気をつけるようにもなりました。

まず、食物繊維が豊富な野菜を1番はじめに食べることによって、血糖値の急上昇を防ぐことが出来ます。

その次に、肉や魚などのたんぱく質を食べると胃にもたまるので、最後の炭水化物も食べすぎる事なくおなかが満たされます。

そしてダイエットの天敵とされてきた間食も、実は取った方が、かえって太りにくくなるという事を聞きました。

もちろんカロリーの高い物は避けた方が良く、たんぱく質や食物繊維の含まれた食材を選ぶといいようです。

現在チーズや、卵が含まれたプリン、食物繊維の多いドライフルーツやナッツ類などをおやつに食べているのですが、腹持ちがよく気持ちも落ち着いてくるのでおすすめです。

1日の中で、お昼過ぎの2時から3時までの間が身体の中の脂肪を蓄積する酵素が1番少なくなり、この時間帯に食事をすると太りにくいそうです。

昔からある「おやつの時間」は理にかなってるんだなと思いました。

最近では、お店に行くと糖質オフのアイスクリームやパンなど見かけるようになったので、うまく利用していきたいと思っています。

まだ初めて1ヶ月ぐらいなのですが、以前のダイエットに比べると断然ストレスも少なく、自分にしてはよく続ている方です。

そして、今は暴飲暴食していた頃よりはかなり体が軽く感じることができるので、しばらくこの習慣を続けていこうと思っています。

最近見つけたのですが、さらにストレスフリーで確実に痩せる効果のあるダイエット法があるみたいです。ここなんですが、すごく興味があるのでこの方法も実践してみたいと思います。

やっぱりダイエットはストレスなしの方が成功することをしみじみと実感しています。