もしかしたら、胸が小さい方かもしれないと気付いたのは、高校生の頃だったと思います。
「そんなの気付くの遅すぎ!」って、言われるかもしれないけれど、小学校の高学年と中学校の間は、スポーツブラをしていてサイズをしっかりと測ったこともなかったんです。
そのうえ、少しぽっちゃり体型で、自分の掌で覆っても余るぐらいはあったので、小さいなんて考えても見なかったんです。

小さい頃は頻繁に遊んでいた一歳従姉妹が居たんですが、久しぶりに会った彼女の胸が、結構大きくて驚いたことが切っ掛けです。
小さい頃は、何も変わらなかったのに、何処で何が変わったのか真剣に考えました。
高校生になってから初めてきちんとサイズを測ってブラジャーを買いに行ったんですが、アンダーとトップの差が殆どないんです。
私があると思っていた胸は、立派な骨格の上に付いた少しの贅肉だったんですよね。
当時は、AAなんてカップのサイズは無かったと思います。だから、当然Aカップになるんですが、それでもブラジャーの中はスカスカで。(T_T)

当時は、ブラの中にパットを入れるなんて言うことは、思いつきませんでした。
なんとかソフトタイプのブラジャーを選べばカップの中の空間も気にせず過ごせたので、胸の小ささをあまり気は掛けていなかったと思います。
そう、そう急性と水着を買いに行くことになるまでは…。(+_+)
一緒に買い物に行った友達も、私同様肉付きの良い子でした。
洋服の上から見る限りでは、ほぼ同じ程度の胸。…だと私は踏んでいたんですが。
せっかくだから、ビキニを買おうと言うことになって、色々物色している時に彼女のブラジャーのサイズを知りました。
なんと、Cカップだと言うじゃないですか。\(◎o◎)/

私が胸の大きさをさほど気にしていないと言うのを知っていた彼女からは、胸が大きいと走った時に辛いとか、男の子の視線が胸に集まるのが嫌だとか言うような話を聞かされました。
だから、いつもダブッとした大き目の服を着て、胸だけ目立たないようにしていたんだそうです。
結局、胸の大きな彼女に合う可愛いビキニはありましたけど、ほぼ胸のない私に着られそうなビキニはありまmせんでした。((((o_ _)o

胸が無くて深刻に悩んだことはほぼないですけど、自分に合う下着や水着を探すのには、苦労しました。
今は、ブラトップのお陰でかなり助かっています。(^^ゞ